合格実績と体験記・成績上昇例

合格実績

開塾以来、第一志望の中学校・公立高校の合格率100%が続いています。
今年は札幌南高・札幌北高・手稲高・新川高・私立高のプレミアクラスに見事合格!!
合格おめでとうございます。

2020年度

<中学受験>

教育大附属札幌中 1名
市立札幌開成中 1名

<高校受験>

公立高
札幌南  1名
札幌北  2名
札幌手稲 1名
札幌新川 1名

私立高
札幌光星 (ステラ)  1名
札幌光星 (マリス)  1名
札幌日大 (プレミアS)1名
札幌第一 (文理選抜) 2名
札幌第一 (文理北進) 1名
関西創価        1名
北星女子 (High) 1名
北海   (進学)   1名
北海学園札幌(特進)  1名

 

合格体験記・保護者様の声

( 2021年3月卒業生 附属中  Rさん 札幌南高校合格 

4月~6月はコロナウイルス蔓延による休校で全く学校にいけませんでしたが、
家と塾で先取り学習をし数学、国語、社会をほぼ網羅しました。
この4~6月が私の高校受験においていちばん効果的で基礎となる時期になったと思っています。

 

7月は学校がはじまって忙しくなり休校中よりは勉強のスピードが落ち、夏休みも大幅に削られましたが、
学習室アドバンスでは平日の通常授業以外にも土・日に夏期講習を組んでくれました。
そこでさらに基礎を固められました。

 

8月には合宿があり、その時の道コンで前回からSSを2伸ばし、SS66となりました。

9月には学テAがあり、しっかりと点数を取って自信をつけることができました。

10月、11月は学テB、C、中間テスト、学校行事があり、忙しい毎日でしたが、全て頑張って取り組みました。
しかし、10月の道コンでは夏の道コンと偏差値が全く変わらず、少し伸び悩んでいました。

その後の11月道コンでは、今までで最高のSSを取れて、
志望校はこれまでは北高を目指していたのですが、
南高を考えるようになります。

 

12月。
ずっと悩んできましたが公立高校は札幌南高校に出願しようと心に決めました。


1月前半の道コンでは11月道コンのssよりは下がってしまいましたが、10月よりは高く、
1月後半(ラスト)の道コンに向けてテキストの復習や入試の過去問を中心に頑張りました。


そして迎えた1月後半のラスト道コン。

初めて合格率が90%以上になりました。

 

2月の私立入試。

A日程は札幌日本大学高校を受験しプレミアSコースA特待を取ることが出来ました。よし!

B日程は札幌第一高校を受験し、文理選抜B特待を取れました。よし、よし!

入試直前は過去問や英単語、用語、漢字など基本の復習を行いました。

よし、準備は万端!いざ、南高へ!!

受験の当日・・・

高校に入ったとたんに鼻血が止まらなくなりかなり焦りました。
しかし、冷静に対処をして友達の助けも借りながら、受験に臨めました。

1時間目の国語。
焦り過ぎず丁寧に問題を解くことができました。

数学は時間をいっぱいに使って解答用紙を埋めることが出来ました。
道コンよりもずっと易しくて少し困惑していました。

社会。
大問1は順調に解けましたが、解き進めるにつれて、マイナーな問題も多くなっていきましたが、

みんなもわからないだろうと思うようにして、解ける問題を落とさないように慎重に見直しを行いました。

 

昼休み。
少し、友達と会話をしたり、トイレに行ったりすることで、緊張をほぐしました。
でも、答え合わせや難易度の話は先生の教え通りに一切しない様にしました。

 

理科は時間がギリギリになってしまいましたが、一つ一つの大問にきちんと取り組めました。

英語はまず、リスニングに集中し、問題を解く順番をいつも通りにし、落ち着いて解くことができました。

帰りは手応えはまあまあだったと感じていましたが、アドバンスで自己採点をすると思っていたよりもケアレスミスが多く、
かなり低い点数となり、難易度も易しいと言われていたので、落ち込みました。

絶対不合格とは言えないが、厳しいと思っていました。
後日発表された道コンのボーダーライン予想も全然超えていません。
相当落ち込みましたが、まだ結果が出るまでわからないと自分に言い聞かせて
合格発表日まではそのことを忘れて楽しもうとすることができました。

そして2週間待った合格発表日。
私が最初に番号をネットで見ました。
自分の受験番号を見つけたときはとても驚き、嬉しかったのを覚えています。

不合格を覚悟していたので、最初は信じられませんでした。
すごくほっとしました。

両親、先生、友達の支えがあってこその合格だと思います。
本当にありがとうございました。

 

合格通知とともにたくさんの書類と少しの課題が届きました。
(これまでの頑張りに比べれば少しという事です。)

高校へ向けての課題や予習を頑張ります。
そして得点開示では道コンのボーダー予想を超えた点数でした。
自己採点との差は7点プラスでした。

来年以降の受験生へ。
私の経験からですが、自己採点で落ち込みすぎたり、浮かれたりせず、
残りの学校生活に集中し、合格発表を待つことがとても大切だと思います。

 

 

( 2021年3月卒業生 附属中 Mさん 札幌北高校合格 

学習室アドバンスに入塾して初めての道コン。
旭丘高校を第一志望にしていた私でしたが、その高校でも合格圏内ギリギリのラインにいました。
このままでは上を目指すどころではなかった私に先生は勉強の仕方や効率の良い方法を細かく教えてくれました。

そこから私は自分の学力を上げようと自習室が開放されている日はほとんど自習室で勉強をし、
今までとは比べ物にならないくらい勉強量を増やし生活をしました。
それが自信へとつながり、北高を第一志望とするきっかけになりました。

しかし1月末の最終道コンまで私の北高合格率は60%をなかなか越えることはなく、
「このままではダメなのではないか。
「旭丘にしておけばよかったのではないか。」
と何度も思いました。

ですが、私は「本番で逆転することは全然ある!」という先生の言葉を信じて、
自分の苦手な英単語や文法を何度も覚え直し、社会の元号を全て覚え、1からテキストをやり直し、
国語はたくさん問題を解き、読解力をつける等今まで以上にたくさん努力をしてきました。

ラスト1か月間は平日8時間半、土日は12時間勉強をし、
「自分より勉強をしていて、がんばっている人はいない」と思えるほどまで勉強をしました。
そうすることで大きな自信がついてきて、
「北高に受かる気しかしない」とまで言い切れるようになりました。

そして受験当日。
メンタルが弱いのが課題であった私でしたが、積み上げた努力から試験を受けることの楽しみが大きく、
リラックスして臨むことができました。
ミスをしないよう1つずつ確実に解き、できない問題があっても「みんなもできていないんだ。」と思って、
できなかった問題を引きずることなく、全てを終えることができました。

そして合格発表日の10時になると北高のホームページに私の番号である1077番が載っていました。

 

私は入塾当初、自分に自信がありませんでした
ですが、自信を持てるような努力をすることで、
学力と自信を手に入れ、
合格率60%の壁を乗り越えることができたのです。

この努力は誇れるものであると思います。

 

そして、ずっと諦めずに私の苦手なところを分析し、改善方法を考え、支えてくれた先生、
勉強に疲れ、気分が落ち込みがちな時にいつも通りに接してくれ、たくさん近くで支えてくれた家族、
「一緒に受かろうね。」とずっと言ってくれた友達に感謝する気持ちが溢れ出てきました。

得点開示に行ってみると238点で良い点数とは言えなく、ボーダーラインぎりぎりでしたが、
まずはぎりぎりでも受かるところまで、じぶん自身を高めることができたことを誇りに思います。

ですが、私の上にはたくさんのもっと努力している人がいるのが事実であり、
まだまだ上らなければならない階段があることを自覚し、これから上に這い上がっていくんだという
強い気持ちをもって高校生活を送りたいと思います。

 

( 2021年3月卒業生 附属中 Aさん 関西創価高校合格 

私は中学2年の冬にアドバンスに入塾しました。

当時、私は他の塾に通っていたのですが、勉強の習慣がついてなく、勉強の仕方もよくわからないままでした。
ある日、この塾に通って偏差値を10あげた友達に「体験だけでも来てみない?」と言われ、体験授業を受けました。
すると、今まで受けていた他の塾の授業よりも集中できて、わからないところも恥ずかしがらずに、すぐに聞くことができました。
それからすぐに入塾を決めます。

最初は全然点数が上がらずに志望校に行くことも難しい状況でした。
しかし、少しずつ分かる問題が増えていき、点数も緩やかに上がっていきます。
家では英検準2級の学習をし、塾では学校や受験英語の学習をしました。
その相乗効果で、英語を得意科目にすることができました。

中3の11月。
これまでも受験勉強はしていましたが、これまでの学習の成果が一気に出てきます。
道コンで今までより30点上の点数を取り、自己ベストを更新します。
偏差値も過去最高を取り、モチベーションを大いに高めることが出来ました。
それから入試に向けて、ひたすら過去問を解きました。

途中で本当に合格できるか志望校を変えた方が良いかなど様々なことを考えました。
しかし、「今まで勉強してきたから受かる」とポジティブに考えて勉強を進めました。
日常生活では「落ちる・すべる」という言葉をなるべく使わないよう心掛けました。

 

入試が近づくにつれ、緊張しましたが、それよりも『楽しみだな』という気持ちが大きくなっていきました。

ところが前日の夜はまさかの緊張でよく眠れず、朝もいつもより早く起きてしまいました。
朝食も喉を通らず、ゼリーを無理やり飲み込んで準備をしました。

試験会場に入ると勉強をしている他の受験生がいました。
心の中で「落ち着いて!大丈夫!」と自分に言い聞かせ、何度も深呼吸をしました。

試験中、わからない問題があった時、先生がおっしゃっていた
「わからない問題は飛ばして、確実に取れる問題を解け!」という言葉を思い出しました。

試験が終わりました。
「やり切った!」という達成感がわいてきました。

合格発表直前は緊張がピークに達し手が震える状態でした。
パソコンに受験番号を入れてログイン・・・。

ぱっと画面が切り替わり、
「本校の入試に合格しました。」
という一文が書かれていました。

その瞬間、「よし!」とガッツポーズをしていました。
家族も「おめでとう!」と言ってくれ、合格した実感が沸いてきました。
高校に入学してからも引き続き、頑張っていきたいです!

 

( 2021年3月卒業生 篠路中  Aさん 新川高校合格 )

私は学習室アドバンスに入塾したことで学習習慣を身につけることができ成績を上げていくことができました。
入塾して初めての道コン。合格率は60%でした。この結果を聞き正直、あと半年で新川高校に合格できるのか不安でした。
テストに向けての学習リストに今までしたことがない量の勉強量を書き、毎日コツコツと勉強していきました。

そして受験前最後の道コン。

合格確率は86%でした。最初の道コンに比べると26%上げることができました。
この時阿部先生に「このまま行けば大丈夫だと思う。」と言われ、少しだけ安心することができました。

さらにラストスパートをかけ、自分の苦手なところや忘れてしまっているところを集中的に勉強しました。
苦手なところを覚えられたので、自信を持って受験に臨むことができました。

当日は会場へ30分前に着くように家を出ました。
ところが、バスと電車で合わせて30分遅れるというハプニングが起きました。
会場に集合時間ちょうどに着いたので、とても焦りましたが、試験開始までは少し時間があったので良かったです。
私は各教科が終わった時、先生からの手紙にあったように、前の教科のことは考えず、
次の教科のことを考えるようにしました。
そこは良く切り替えが出来ました。

迎えた合格発表日。
自分の番号があった時は本当に本当にうれしかったです。
お母さんと一緒にみて、一緒に喜びました。
お母さんは泣いていました。

家族や友達、親戚の人達がお祝いしてくれて、そこで改めて合格した喜びを感じました。

合格できたのも周りの人の支えがあってのことなので、すごく感謝しています。

塾でわからないところを丁寧に解説してくださり、私に学習習慣をつけてくれた阿部先生!
本当にありがとうございました。

塾へ通わせてくれて毎回送迎をしてくれたお母さん、お父さん!
支えてくれてありがとう!

そして一緒に勉強してきた塾のみんな!
みんなからたくさん刺激をもらって頑張ることができました。今までありがとう!

高校では文武両道を心がけ、行きたい大学へ進学できるよう頑張りたいと思います。

 

( 2021年3月卒業生 篠路中  Mさん 手稲高校合格 )

アドバンスに入塾してから少しずつ点数が上がっていった。
でも、裁量問題になると数学の点数が一気に下がった。
そこで先生が「数学はまず基礎基本の問題をやるといい。」とアドバイスしてくれた。
応用問題にいく段階ではなく、基礎基本の部分に弱点があったのだ。


夏休みは数学を中心に勉強を進めた。

過去問をやると今まで解けなかった基礎問題が解けて嬉しかった。
でも点数は上下していたので、どれが実力かわからなかった。


過去問をやっていくうちに社会は45点以上を常に取れるようになり、自信がついてきた。
受験の1か月前頃から成績が良くなり、200点以上を取れるようになった。
苦手な単元を集中的にやったからだと思う。


受験の前日は理社だけをやり、いつもより早く10時に布団に入った。
前日までは緊張していたが、当日はむしろ緊張はしなかった。
周りの受験生は答えを言い合ったり、話したりしている人が多かったが、
私は先生のアドバイス通り、前の科目は振り返らず、次の科目に集中した。
それがとても良かったと思う。


発表日は涙が出るほどうれしかった。
諦めなくてよかった。
先生や家族に感謝の気持ちでいっぱいだった。


新3年生も諦めないで、苦手なところをコツコツと勉強していくと必ず良い結果が出るので頑張ってください。

先生へ。
今までわからないところを丁寧に教えてくださり、本当にありがとうございました。
学習室アドバンスで勉強できてとても良かったです。

 


( 2019年3月卒業生 あいの里東中 Sさん 英藍高校合格 

私は中学3年生の7月の夏期講習から学習室アドバンスにクラスの友人の紹介で入塾しました。
当初はいくつかの塾を転々としていたこともあり、不安でいっぱいでした。

しかし、明るい雰囲気の授業にすぐに馴染むことができました。
学習室アドバンスは少人数で授業を受けるため、集団指導より質問することができます。

そして同じ学年の仲間と合格に向けて勉強を教え合ったり、励まし合えるという点が普通の個別指導にはない部分だと思います。
受験が近づいてくると、家では勉強に集中できない私は自習場所に悩みました。
そのことを先生に相談したところ、自習室の時間を長く開けてくださいました。

そして静かで十分に集中できる自習室に私は開く時間から閉まる時間まで通いました。
当時は1日に6時間学習していました。

ここまで努力できたのは先生が協力してくださったことが大きかったと今、高校生になり感じています。
第一志望に合格できた今では、自習室で頑張れた経験から普段も勉強する習慣が身に付きました。
これからも将来の夢に向かって学習に力を入れたいです。

 

( 2019年卒業 あいの里東中 Aくんお母様 札幌工業高校合格 )
たくさんの学習塾や家庭教師などトライしてきましたが、
なかなかやる気が出ることはなく、どうしたものかと悩んでいたところ、
中2の10月に本当に良かったと思える自律型個別学習塾に出会うことができました。

本人もアットホームな雰囲気でリラックスして毎日通うこともでき、
自習では友人と励まし合い学習できたことで、続けることができました。

先生は最後まで諦めることをせず、入試前日まで気を引き締め指導いただきました。
高校生になってもアドバンスで毎日努力したことを忘れず頑張ってほしいです。

 

 

成績上昇例

<定期テスト>

みんな、がんばりました!祝・自己ベスト更新!

 

238点  ➡ 274点(数学満点)附属中3年
275点  ➡ 282点(社会・数学満点)附属中3年
229点  ➡ 249点 附属中3年
233点  ➡ 265点 附属中3年
340点  ➡ 407点 篠路中3年
395点  ➡ 420点 篠路中3年
368点  ➡ 406点 
あいの里東中2年
363点  ➡ 424点 あいの里東中2年
316点  ➡ 364点 あいの里東中1年
363点  ➡ 410点 あいの里東中1年
407点  ➡ 451点 あいの里東中1年
333点  ➡ 401点 あいの里東中1年

 

※附属中は300点満点、あいの里東中、篠路中は500点満点。
※中2以上は入塾直前または直後の定期テストの点数  ➡ 自己ベスト更新時の5科目総合の点数です。
※中1は前期定期テスト ➡ 学年末テストです。

 

<中3学力テスト>

総合A ➡ 総合B ➡ 総合C

264点 ➡ 272点(数学満点) 271点 附属中3年

258点 ➡ 266点 ➡ 270点  附属中3年

229点 ➡ 251点 ➡ 253点  附属中3年

※250点以上達成者のみ掲載。

 

<道コン>
※偏差値です。

 

5科目総合
40.0 ➡ 49.6 157点アップ あいの里東中1年
52.8 ➡ 60.3 172点アップ あいの里東中1年
47.3 ➡ 51.0 あいの里東中2年
59.6 ➡ 70.8 最高順位 全道52位 中学順位2位 附属中3年
62.4 ➡ 69.7 最高順位 全道115位 中学順位4位 附属中3年
60.5 ➡ 64.6 附属中3年
54.5 ➡ 60.5 附属中3年
54.1 ➡ 55.0 篠路中3年
52.1 ➡ 56.6 篠路中3年

 

国語
46.4 ➡ 60.6 あいの里東中2年
46.3 ➡ 59.0 あいの里東中2年
47.0 ➡ 59.0 あいの里東中2年
50.3 ➡ 56.6 あいの里東中1年
58.3 ➡ 65.1 最高順位 中学順位1位 あいの里東中1年
54.7 ➡ 57.6 篠路中3年
56.2 ➡ 57.9 篠路中3年
61.7 ➡ 69.4 最高順位 全道2位 中学順位1位 附属中3年
60.8 ➡ 71.0 最高順位 全道68位 中学順位3位 附属中3年
59.5 ➡ 61.4 附属中3年
54.7 ➡ 61.2 附属中3年

 

数学
40.5 ➡ 53.4 あいの里東中2年
44.3 ➡ 49.8 あいの里東中1年
47.6 ➡ 58.3 あいの里東中1年
50.3 ➡ 57.5 あいの里東中1年
53.1 ➡ 56.6 篠路中3年
50.2 ➡ 57.5 篠路中3年
60.0 ➡ 69.7 附属中3年
59.5 ➡ 69.7 附属中3年
54.3 ➡ 65.8 附属中3年
54.7 ➡ 62.0 附属中3年

 

英語 
48.8 ➡ 54.4 あいの里東中2年
53.7 ➡ 61 あいの里東中2年
52.4 ➡ 58.9 篠路中3年
65.4 ➡ 73.5 最高順位 全道7位  中学順位1位 附属中3年
61.8 ➡ 72.7 最高順位 全道17位 中学順位1位  附属中3年
56.3 ➡ 66.2 附属中3年
56.1 ➡ 62.5 附属中3年
53.9 ➡ 66.3 最高順位 中学順位1位  あいの里東中1年
53.5 ➡ 53.5 最高順位 あいの里東中1年
51.0 ➡ 61.5 最高順位 中学順位5位  あいの里東中1年 

 

 

理科
45.2 ➡ 51.8 あいの里東中2年
28.4 ➡ 44.0 あいの里東中1年
48.4 ➡ 50.6 あいの里東中1年
49.4 ➡ 52.0 あいの里東中1年
48.9 ➡ 55.4 篠路中3年
51.0 ➡ 55.7 篠路中3年
57.7 ➡ 74.5 全道49位 中学順位1位 附属中3年
54.0 ➡ 70.1 附属中3年
60.8 ➡ 67.7 附属中3年
57.1 ➡ 58.7 附属中3年

社会
54.5 ➡ 57.8 あいの里東中2年
46.5 ➡ 59.5 あいの里東中1年
48.1 ➡ 54.3 篠路中3年
53.0 ➡ 60.9 篠路中3年
58.3 ➡ 65.2 附属中3年
56.4 ➡ 66.0 附属中3年
47.3 ➡ 58.7 附属中3年

※中1・・・小学部からの在籍生は入塾後最初の道コンをスタートとします。
※中2以上・・・入塾前または入塾後最初の道コン偏差値 ➡ 自己ベスト更新時の偏差値です。
※際立って優秀だった場合は点数・順位も表示します。

<通知表>

入会前(5科目合計)➡ 入会後(5科目合計)
17 ➡ 21 篠路中3年
18 ➡ 22 あいの里東中2年

前期・後期とも9教科オール5達成 (3名) 附属中3年

※通知表は特に際立って上昇しているもの・際立って優秀なもののみ記載。