学習役立ち情報

ノートまとめ

ノートまとめ

みなさん、こんにちは。今回のテーマは「ノートまとめ」です。

当塾では主に理科・社会の学習に役立てています。お子様自身が参考書・資料集・教科書で調べて覚えなければならない事項をノートにまとめるというものです。指導者が教える授業形式とは逆の発想です。

 

お子様が自ら「調べて知識を得ること」、もう一度「じっくり考えれば理解できる問題」を指導者が「一から十まで教える」のは双方に時間的なロスが生じます。
また、自ら「調べる・理解できる・考える」という能力を奪うことにもなり兼ねません。

先生に依存しすぎると、答えや解説を見たら理解できる問題、教科書や辞書で調べたら済む英単語の意味を毎回聞いてくる生徒になってしまいます。

私も聞かれれば教えることもありますが、すべてのことを限られた時間内で教えるのは不可能ですよね。


誤解のないように申し上げておきますが、「教える指導スタイルを全否定しているわけではありません。」
当塾でも「教える」ことはあります。「教える」または「自ら学ぶ」の選択はその都度、より良い方を採用しています。

それにしても、ここまでまとめることができるとは・・・。
「すごい!」
「脱帽です!!」(帽子はかぶっていませんが。)
テスト前の復習や見返したい時に非常に役立ちますよね。

何より学力が伸びていくお子様の共通点は「適切な質問ができる」、「学習習慣がついている」、「学習方法がわかっている」、「必要量を確保している」ことです。

どれも大切なことですが、特に「学習方法」については授業内でかなり時間を取って話しています。
そして「ノートまとめ」はどのようにまとめれば良いのか可能な限り授業内で一緒に取り組んでいます。

コメントを残す

*